ホンダ 人気車種ランキング

MENU

ホンダの人気車種はこれ!!

著名な創業者である本田宗一郎の姓から付けられたホンダ。

 

4輪の自動車のみならず、2輪のバイクでも世界的な有名なブランドです。また、二足歩行ロボットのASIMOをご存知の方も多いでしょう。

 

F1などのレース活動への積極的な参画や、NSXなどのスポーツカーの製造を行ってきた歴史を持ち、そのノウハウを生かして作られたエンジンは、スムーズに高回転まで廻りパワーを発生させると、その技術力を評価されています。

 

また、他社ではなかなか販売しないような、一風変わったコンセプトの車をコンセプトモデルに留まらせること無く販売しており、トヨタや日産の真似事ではない。ホンダの車はこうだ。というこだわりと社風を感じるメーカーです。

 

ホンダのオススメ人気車の紹介。出典:ホンダ

 

第3位 S660

 


軽自動車カテゴリーのオープンカーという、希少でニッチな一台。

 

エンジンは同社の軽自動車、Nシリーズに採用されているターボエンジンと同じものですが、新規に設計されたターボチャージャーが搭載され、ミッドシップレイアウトで横置きという、スポーツ走行の為の配置となっています。

 

排気量は軽自動車の規格上660ccに留まっていますが、軽量な車両重量、軽自動車に初搭載となる6速マニュアルトランスミッション、上記エンジンレイアウトによる重量バランスの最適化により、軽自動車とは思えない動力性能、運動性能の高さを誇っています。

 

かつてホンダが販売していた、同じく軽自動車カテゴリーでオープンカーであった、ビートを彷彿させるエクステリアはシンプルながら立体感に富んでおり、また、本革シートやステンレスペダルなどを装備した内装はクラス以上の高級感を持っています。

 

オープン機構はルーフを取り外す仕様となっており、前後のピラーはそのままとオープンカーとしては開放感が少ないと感じますが、その分高剛性となり、事故時の安全性や、ハンドリング性能に寄与しています。

 

オープンスポーツカー=初期コスト・維持費が高いという既成概念をひっくり返す一台。荷物や人は沢山乗せることが出来ませんが、高次元の走りとホンダらしいロマンが詰まった名車です。

 

第2位 NBOX

 


発売から瞬く間に販売台数を重ね、あっという間にホンダの代表的な車に上り詰めた、ハイトワゴン型の軽自動車です。

 

その名の通り箱型で、その形を生かした居住空間の広さが魅力。その広さは軽自動車カテゴリーでもトップクラスで、大人の男性4人でも広々と座る事が出来ます。

 

室内高は140cmにもなり、小さな子供なら、車内で着替えが出来るほど。燃費性能もJC08モードで27km/Lと、ハイトワゴンとしてはまずまずの数字ですし、Honda SENSINGと呼ばれる安全運転支援システムが全グレードに搭載されているので、安全に、安心してドライブるすことが出来るでしょう。

 

そしてこのNBOXには驚くべき裏話があります。ハイトワゴン系の軽自動車には本来スポーティさは求められない傾向にあるので、開発スタッフにスポーツ部門のスタッフは選ばれないことがほとんどなのですが、なんと、NBOXの開発にはホンダF1に携わっていたスタッフが参加しているのです。

 

その為か、ハイトワゴンとは思えない伸びやかな中低速での加速を見せ、通常の走行ではストレスを感じることは無いでしょう。

 

また、細かい振動がカットされていることなどから乗り心地も良いので、同乗者に喜ばれるでしょう。小さな子供がいる子育て世代がハイトワゴン軽自動車に求める希望を叶えたNBOX。

 

ジェンダーフリーなデザインからワイルドなデザインを選べ、さらにターボモデルもある。短期間で日本の代表的軽自動車に上り詰めた、画期的な軽自動車です。

 

第1位 フィット ハイブリッド

 


ホンダのハイブリッドの名を世間に知らしめた大ヒット車です。

 

熾烈な競争が行われるコンパクト市場の中でも、特にそのデザイン性が優れている車で、内外装の高級感はクラストップレベルと言って差し支えないでしょう。

 

パワートレインは1.5Lのガソリンエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた1種のみ。燃費はJC08モードで36.4km/Lと、圧倒的な低燃費性能を誇っています。

 

走行性能もホンダらしさが詰まったキビキビしたもので、足回りやシャシーを徹底的に煮詰め、ボディ剛性に関しても補強材を追加するなど、ステアリングフィーリングにこだわるホンダらしいスポーティな味付けとなっています。

 

そして驚きなのが室内空間の広さ。コンパクトカーで、さらにハイブリッドともなればリチウムイオンバッテリーやハイブリッドシステムを積む関係で、どうしても居住空間にそのしわ寄せが来てしまうものなのですが、フィットハイブリッドの後席は大人の男性が足を組めるほどの余裕があり、何と前席を最も倒した状態で後席と一体化させることが出来、フラットとなった車内でゆっくりとくつろぐことも出来てしまうのです。

 

これはホンダお得意のセンタータンクレイアウトの恩恵によるもので、燃料タンクを前席の下へ移動することによって、レイアウトの自由度を上げているからこそできることなのです。

 

コンパクトハイブリッドとは思えない質感が高く広い室内で、ハイブリッドならではの優れた燃費性能とパワーと、ホンダらしい走りへのこだわりを感じる、一度乗ってしまうと虜になってしまう魅力を持った車です。